ひとりCeVIO祭り

ひっそりと、ひとりCeVIO祭り開催中!(完全不定期更新)

CeVIO メーカーサイト・関連サイト
CeVIO Official Web   1st PLACE   Color Voice Series   ハルオロイド・ミナミ
さとうささら.com   Techno-Speech,Inc.   CeVIOユーザー互助会 @ ウィキ 
【!】無料版のはてなブログを使用している為、記事の最後に広告が付きます(アフェリエイトではありません)

AIきりたんショック!!!

何がショックかと言えば、夢にまで見た悲願の「AI歌声合成」が目の前にあるというのに、規約の面で私のような研究者でもなんでもないただの音楽好き&音声合成好きの人間としては手を出しにくいという、究極の悶絶状態に陥ってますorz

あのきりたんのアイドル然とした愛くるしい歌声!リアルさと萌さを両立したあの歌声!ブラボーとしか言いようがありません(T-T)

もう一つショックなことと言えば、Sinsyまで遡って機械学習系の歌声合成のパイオニア的存在であるはずのCeVIOプロジェクトがずっと後手に回り続けている哀しみですね…

単純に鬼スペックの歌声合成に憧れる気持ちや、ささらさん達CeVIO初期3人組に対するキャラ愛とか、Sinsyの開発コンセプトへのリスペクト感だったり、色んな想いが入り乱れて自分でも説明できない状況です…

AIきりたん悲喜こもごも。ショックが大きすぎたので、心の傷が癒えるまで、心の整理が付くまでしばらく寝込みたいですorz

東北きりたん歌唱データベース
https://zunko.jp/kiridev/login.php

NEUTRINO
https://n3utrino.work/

今年もCeVIO投稿祭に参加してました(2020年)

今年もCeVIO投稿祭に参加するぞ!と意気込んで、ボカロ曲カバーを3本アップしただけで完全に力尽きてましたorz

今年もCeVIO投稿祭なのにUTAUカバーで参加するというKYぶりです(^ ^;

見てくださる方がいるというだけでも有難いことですが、コメントやマイリス、広告までしてくださる方がいて本当に恐縮ですm(_ _)m ありがとうございます!

そんなこんなで、投稿した動画のリンクを置いてるだけの記事になってますが、宜しければ聴いていってくださいm(_ _)m

【すずきつづみ】 不完全な処遇 【UTAU cover】

続きを読む

AI美空ひばり紅白出場の次はのど自慢に出場して欲しい

観てない番組についてあれこれ言うのもなんですが、紅白出場以降のAI美空ひばりが叩かれすぎてて困惑してます(^ ^;

ご不満の方が多いようなので、紅白の次は是非のど自慢にも出場して欲しいですね。

「文句のあるヤツはかかってこい!」のスタンスで、出場者は得意の持ち歌を歌い、AI美空ひばりも同じ曲を歌ってもらいます。

そしてAI美空ひばりより審査員の評価が高ければ「合格」、低ければ「不合格」ということで…

人間の歌声とAI美空ひばりの歌声はどっちの方が「気持ち悪い」のかこの際白黒はっきりつけましょう~

更にはハルオロイド・ミナミディープラーニング化で強化して、AI美空ひばりとの歌声対決も見てみたいですね。

コロムビアレコードVSテイチクレコードのAIによる代理戦争。エンタメとして盛り上がると思います!


ハルオロイド・ミナミ / 世界の国からこんにちは ~ハルオロイド版~

…というような冗談?はさておき…

倫理的な面で問題があるという意見は分かるのですが、歌声の品質を貶している人は、どれだけ歌声合成に対する要求が高いんだろう??といった感じです。

例えるなら、ロボットが階段を上る映像を見て「人間の方が階段を上手く登れるからロボットは要らない!」と言ってるくらいのナンセンスさですね。

倫理面の問題にしても、美空ひばりさんご本人の意思を確認しようがない!という一点に尽きるでしょう。
AIをSFに出てくる人造人間か何かと混同して、話がややこしくなってますね(^ ^;

普通に考えて、美空ひばりさんが今回の企画を拒否する理由はあまりないような気がしますが、ビジュアル面はシャカリキになって瓜二つに作ろうとするより、若干デフォルメしたり抽象化したり、或いはちょっとコミカライズした方が、むしろ受け入れやすいのかなと思ったりしました。

www.itmedia.co.jp

令和最初のクリスマスはひとりでタカハシトークボイスを弄ってました(哀)

【さとうささら&タカハシ】タカハシ不審者と間違えられる【CeVIOトーク】

■niconico版はこちら■

オカンボイスファンタジーシリーズ第2弾です。

今回はオカンは出てこないので「外伝」という事にしてますが、前回同様ささらちゃんとタカハシ君に関西弁で喋ってもらってます。

本来標準語で収録されたトーク音源でも、関西弁で喋らせたりできるほどCeVIOのトークエンジン&エディターは柔軟性が高いんです。

先日ベーター版が公開されたCeVIO CS7では、アクセント調整機能が強化されたそうなので、さらに自由度の高い表現が可能になりそうですね。

そして今回初めて静止画ですがMMDを使いました。
360度何処から見てもイケメンなタカハシ君のMMDモデルを、こんな目的に使ってしまって申し訳ない気持ちで一杯ですm(_ _;)m

続)今こそCeVIOソングを使う時だと思うのです!

CeVIO AIが出るまでの間に現行版CeVIOを使い倒してやるぞ運動。一応継続中ですが、ブログ更新の方はすっかりお留守状態になってましたf(^ ^;

とりあえず今日はささらちゃんと小春おばさんに歌ってもらったカバー動画2本をご紹介します。

【さとうささら】君が死ぬのを眺めているよ【CeVIO cover】

■niconico版はこちら■

\ - Backslashをささらちゃんでカバーさせていただいた時とは逆に、声質を上げて大人っぽい歌声を目指してみました。


【金咲小春】君が死ぬのを眺めているよ【CeVIO cover】

■niconico版はこちら■

ジョイサウンドが誇る演歌専用ソングボイスの金咲小春さんです。
小春おばさんが本領を発揮するのは演歌や歌謡曲だと思いますが、ボカロ曲カバーに使ってもとても面白いです。

CeVIOではライブラリ(ソングボイス)を替えると、声だけでなく歌い方までガラッと変わるのもお楽しみポイントだったりします。